医療からみる世界

「医師 求人」「看護師 求人」を志す人々は、きっと様々なスコープで人間の不思議を覗き込んでいるのではないかと考えさせられる出来事が人生の転機にありました。人間が生死の淵をさ迷うような時に、見える世界というものは、私自身にも、日常では見えないような世界や価値観を語りかけてくるものです。「医師 求人」「看護師 求人」を志す友人や、「介護 求人」などの老人施設で、お年寄りの看取りを常日頃から携わっているような友人らは、一般の人々が遭遇する、人の生死よりもより多く、人々の「生き死に」に関わりをもつ事となります。彼らの話を聞いていると、もしかしたら「生」と「死」に対する価値観が、現代人にはきちんと根付いていないのかもしれないと感じる事があります。最近の傾向として、病院や老人施設で亡くなる高齢者に、全くの親戚などの身寄りの無い人々が増えているという現状があるそうなのです。病院や老人施設で亡くなった高齢者を、誰の遺族の見送りも無く火葬場へ直送するようなケースが、年々増えているというのです。このような現代の「生」と「死」の在り方は、人間同士のつながりをあからさまに浮き彫りにしているのかもしれません。「病」スコープと「健康」スコープから覗き込んだ世界は、皆さんに何を語りかけるでしょうか?