認知症の専門病院

ある病院では、その地域で初めての認知症疾患専門病院として開院し、高齢社会に先駆けて認知症の問題に取り組んできたようです。病院の規模は小さいですが、認知症高齢者のケアに高いモチベーションをもった職員が集まり、医療を行っていると言われています。
現在、高齢化の問題は一層深刻になっており認知症高齢者に対するケアについての需要はますます高まっています。しかしながら、認知症の方々のケアについては医師だけで対処することはできません。医師とコメディカルが協力して患者さんを支えることによって、認知症の方々に対するもっとも良い医療やケアを提供することができるのです。前述した病院では、こういったニーズに応えるため、職員の質の向上に努めてきたと言われています。
よりよい認知症ケアを実践するためには、認知症を「疾患」としてとらえるだけではなく、「障害」としてもとらえることが必要ではないでしょうか。これにより、認知症という障害をかかえながら人生の晩節を生きる方々の生活を、いかに穏やかで生き生きとしたものにできるか、ということを念頭においてケアすることができるのではないでしょうか。患者さんにとっての幸せな生き方とは何かを常に考えながら医療やケアを提供することが重要と考えられるでしょう。
この病院では、患者さんと患者さんの家族の両方に対して、専門的な視点からの助言を惜しまず行っています。患者さん自身に対しては、認知症をかかえながらもこころの平穏が得られ、そして人としての尊厳が損なわれることがないように配慮し、家族に対しては介護の負担から生活が圧迫されることのないよう、助言をしています。
ただしこの病院の方針として、患者さんの能力を引き出すため、病院内の行事やレクリエーションへの積極的な参加を促し、自分でできることはどんどんやってもらうようにしているようです。これにより、患者さんのこころの安定とQOLの向上が得られるようにしているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です