医師転職の心構えとは

医師が転職を考えるうえで、問題点がいくつか挙げられるかと思う。例えば医師の絶対数が不足している事、病院側が医師を募集していたとしても直ぐにお越しいただいて勤務開始に至れない事。それに伴い患者さんや医療スタッフ・医師達にも迷惑をかけてしまう。色々な課題が頭をよぎり、転職の想いだけ募るも実行に移れないのだ。

では理想的な転職の形は何なのだろうか。まず、在籍している病院の現状がどのなっているのか。後任を任せられる医師がいるのか・そして担当している患者さん・チームを組むスタッフの皆さん。例えばチームで診療やオペを重視している病院・科であれば、先生がいなくなった後も問題なく業務を行えるようにしておく必要があるだろう。とくに内科の先生であれば、一匹狼的な状況となっているケースもある事だろう。しかしその反面患者数を最も多く抱える内科は病院にとって必要不可欠ともいえる貴重な存在である。

つまるところ、辞める決心をするとなると辞める理由はともあれ、「問題なく退職・転勤する」という状況を作り出すには相応の覚悟も必要だということではないだろうか。しかしながら、先ほども申し上げた通り医師不足などの問題が多々ある中で、理想に近い形での退職・転勤というのもなかなか難しいのが正直なところかと思う。その点は念頭に置いていただき、問題をなくす・最大限減らして退職することを目指し、退職までの期間少し頑張る。もしくはある程度割り切って考えるか。その点はご自身でどうしたいかを明確にしておくことが必要となるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です