心臓の形や動きを観察する検査

超音波を使って心臓の働きを見るのが心臓超音波検査だそうです。耳に聞こえない超音波というものを心臓に当てて、反射波を受信してコンピューターで画像にしてから検査装置のモニターに映して心臓の状態を診断する検査だそうです。

白黒画像で心臓の動きをみたり、カラードブラ法で血流を見たり、血流の速さを測るパルスと連続派ドブラ法があるそうです。痛みや被爆はないそうです。いつでもどこでも繰り返しということができるそうです。結果もすぐに治療に反映できるそうです。心臓の大きさ、形、動き、弁の逆流や狭窄の有無をチェックすることで、ポンプとしての機能が評価できるそうです。心筋梗塞や虚血で動きが悪くなった心筋、心肥大、心筋症、先天性心臓病、心膜炎、弁膜症、心不全などもわかるそうです。大動脈解離や一部の弁膜症、感染症心内膜炎などは、超音波探触子を食堂に入れる経食道心エコーが必要となるそうです。

検査時間が30分ほどかかることもあるそうなので、トイレを済ませておくと良いそうです。経食道心エコーを受けるときには、4時間の絶飲食が必要だそうです。検査をした1時間ぐらいは飲食もできないそうです。糖尿病の患者などは医師との相談が必要となってくるそうです。血圧の薬や安定剤などが処方されている場合には、予定の薬を飲んで検査に臨んだ方がいいそうです。心電図検査をしたときの心電図の異常や、聴診での心雑音のときなどに、心エコー検査の理由になったりするそうです。ただ心エコー検査で大きな問題がなかったら心配する必要はないそうです。虚血が疑われたりすると、負荷シンチグラムか、運動負荷心電図を追加する場合もあるそうです。薬物または運動負荷心エコーもあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です